shigelog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shigelog

41歳でドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト向けの記事も書きます。

shigelog

41歳でドラムドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト記事も書きます

おっと!サプライズ!!

ドラム

歳が増えますょ.....

2月が誕生日なのです。そう、わたくし!!。

あと12日で42歳になってしまいますね~。

ということはつまり、人生の半分を行きてしまった訳だ.....。

(ということはつまり、お前は84歳まで生きようとしているのか??)。

 

男の42歳なので本厄でございます。

2月中に神社にお祓いに行って来る予定なんですが、日曜日とあっても仕事もありありなので、果たして私は神社に行けるのでしょうかね~。

 

でも、厄払いはやっておいたほうがいいですね。

 

そして、嫁から......

早くも誕生日のプレゼントを頂きました。

実は、サプライズとか言っておきながらサプライズでも何でも無いのですよ。

付き合ってた頃はそれこそサプライズで財布を送ったりアクセサリーを送ったり、

逆に向こうからはライターを送られたり、時計を送られたりで.....。

でも、結婚してからはですね~お互いに欲しいものを言って欲しいもの同士を贈り合おうということにしました。夫婦と言えども、貰って嬉しくもないものを貰っても嬉しくない訳で.....。

でも、今まで嬉しくなかったものは一つも無かったのです。プレゼントは相手が欲しそうなものを考えて考えて送ってもらった時のその苦労が嬉しかったりしますから、実際のところ貰って嬉しくもないものなんでないのです。

 

で、「今年は何が欲しいの??」と言われたので、新型のR35GT-Rと伝えたのですが秒殺で却下されました。因みに800万円です。

f:id:shigeru0214jp:20160203075904j:plain

 

という訳で、去年から買おうかどうか悩んでいた電子ドラム用のアンプを買って貰いました。でも、嫁にはそのような知識がないので、結局私がネットで注文して私のクレジットカードで決済して、あとから嫁より現金で対価を頂くという、なんだそりゃ!?決済が毎年恒例となりました。

自分のカードで決済するって、なんか貰っている感がなくて、自分で買っている感のほうが大きいのです。

 

そして、その商品が 自分の宛名で届いた時は、何とも言えぬ微妙な気持ちでした。

 

いゃいゃ、でも嬉しいです。

 

ClassicPro CP12MP

Classic ProのCP12MPです。

今回はサウンドハウスさんからの購入です。

サウンドハウスは千葉県にある音響楽器ディーラーさんで、言ってみれば日本で一番大きい楽器やさんです。

店舗数とかで言ったら島村楽器とかのほうが多いのでしょうが、サウンドハウスさんをしらない音楽関係の方はいらっしゃらないかと。

ホントに楽器や音響機器で揃わないものはないです。

 

とか言っておきながら、私今回が初めてのサウンドハウスさんからの購入でした。

 

千葉県から岩手県まで注文から2日目で届きました。

まさにamazon並です。

 

こんな事だったら、TD-30(電子ドラム)もこちらで買っておけば良かったな~とちょっと後悔です。

 

ホントはもっと大きめのモノが欲しかったのですが、嫁からのプレセントですので贅沢は言えません。実際にドラム室の驚異的な狭さの許容範囲内のものでなければならないので、大きさと出力(ある程度大きいのが欲しかった)を吟味した結果、ClassicProのCP12MPになりました。

 

実際にサウンドハウスさんにメールでお問い合わせをした際に勧められたのはCP10MPという一つ小さめのモデルでした。しかし値段はそれほど違わなかったので一つ大きいのを買って貰いました。

 

すみません。後ろにケーブルがごちゃごちゃしてますが、未だ借設置状態ですので配線まとめてません。

 

ウーハー径は12インチです。これはバスドラムの音に負けない口径じゃないと、音が割れてしまう、または音の遅延が発生してしまうという事をアドバイスされましたので、大きめウーハーが欲しかったのです。

プラス、電子ドラム仕様なので高音も犠牲に出来ません。

スネア、ハイハット、シンバル、ライド等は高音命ですので、ツィーター付きも拘りました。

 

出力は150Wですが、実際には自宅のみで使用ですのでこんなに大きな出力は必要ないのですが、大は小を兼ねるという事で....。たまたまウーハー径で選んだ製品が150Wだったという話です。

 

 詳しい音のほうは......スミマセン、生まれて初めてのアンプ購入ですので、比較対象がないのでレビュー出来ません(その為のブログじゃないんかぃ!!)。

 

でもでも、値段相応以上のクォリティーではないでしょうか。

アンプに求める性能は、その人それぞれの楽器や用途に合ったアンプであること、その人の音に対する拘りなど、色々あると思います。

 

私の場合は、特に低音域(バスドラム)で音が割れない事が大前提でしたので、そんな意味では買って(買ってもらって)満足してます!。

 

TD-30を買った時に別途合わせて注文した小さいモニタースピーカーを今まで使ってたのですが、こんなちっちゃなスピーカーではTD-30の音を表現し切れませんでした。

まず、バスドラムを踏んだ時に音が割れます。音がものすごく遅延して聞こえて来ます。

5.000円のスピーカーですから電子ドラム用で使うほうが間違ってますよね。

しかしこれ、結構いい音なんですよ!

TD-30に合わせて使うのが間違いなのかと最初は思ってましたが、スピーカー径からしても中~高音域を得意とするのは見て取れます。

 

そこで「ピカーン!!」と閃きました。

 

「低音はアンプから出す!!そして中高音はこっちの小さいモニターから出せば?」

 

で、それ用のケーブルも一緒に注文しました。

 そして、注文から2日という最短で納品されたアンプ、いざ設置してエージング~と思ったら、なんと!!ケーブルを注文するのをすっかり忘れておりまた。初心者によくあるオチです。で、慌ててサウンドハウスさんに再度注文。これも2日で届きました。

自社独自の物流センターがあるみたいですね。だから納品が早いのか?と納得。

 

これからも使わせて貰います。

 

 で、肝心の音分け効果は.....バッチリでした。

 

モニタースピーカーは低音を絞って高音しか出ないようにツマミでセッティング。

アンプは低音重視で出力するよう調整!!。

 

音が分化されて聞こえるので、ナイスアイデアでした!!。

 

でも、実際にこのアンプから音が出せるのは日曜日だけです。

日中の昼間であれば出せなくもないのですが、業務の傍らにドラム練習をする時間も取れたり取れなかったりなのです。

 

それなりに大きい音を出すので、家族にもそれなりに気を使うようにもしてます。

 

 でもこれ、youtubeに叩いてみたをUPする】際にはなんの役にも立たないのです。

ですので、このブログの大切な読者様にはあまりご縁のない製品ですがお許し下さいませ。

 

右手が腱鞘炎気味ですが、頑張って練習します!!。