shigelog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shigelog

41歳でドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト向けの記事も書きます。

shigelog

41歳でドラムドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト記事も書きます

ジジの去勢

先週、うちの愛猫 ラグドール ♂ 10ヶ月 去勢の手術を行いました。

 

 

お世話になっている動物病院で、去勢の前に必要なワクチン接種と健康診断を実施の後、飼い主の面談をして、漸くの去勢手術となりました。

 

飼い主面談というのもあるんですね?知りませんでした。

どうして去勢をしたいのか?飼い主の意見をヒアリングされたそうです(嫁が行きました)。

 

嫁は、

①無駄になる命の繁殖を未然に防ぐため。

②本人に長生きして欲しい為

 

との回答をしたらしいのですが、先生はただ頷いて

 

「分かりました」

 

と去勢を承諾してくれたとの事でした。

 

恐らく、回答の良し悪し?によっては、獣医師として去勢を断れる権限でももっているのでしょうか?真相は分かりませんが、確かに動物が本来持って生まれて子孫を残すための生殖機能を無くする訳ですから、飼い主としても獣医師としても、1つの生命に対してそれなりの根拠と愛情を持って去勢手術を行うものなのではないか?と感じました。

 

私も嫁の意見には賛成で、特に本人(猫)が少しでも長生きできるのであれば、私達飼い主としても、本人としてもそれは嬉しい事であるので、それだけでも私は賛成です。

ただ、猫本人?がどう思っているのかは定かではありません。

 

午前中に病院に預け、夕方にお迎えに行ったのですが、全身麻酔が切れていない状態で連れて帰ってきたので、暫くの間は歩行さえも困難でした。

 

トイレにも入れなかったようでしたので、急遽ゲージを用意して、ペット用のお漏らし用マットを敷いて一晩様子を見ることになりました。

 

手術がよっぽど痛かったのか、帰ってきてからの表情や仕草を見ていると、なんだか可哀想になってきました。

自分たち人間がとんでもないことをしてしまったのではないのか?

 

などと、ちょっと自分を責めたりもしました。

 

痛みに必死に耐えているようにしか見えませんでした。

 

 

名前を読んでも反応もありません。

嫌われたのか?とも思ってしまいました。

翌時になったら、歩けるまでに回復しており、術後2週間が経過しておりますが、今は元気に走り回っています。暑い中、ホントお疲れ様です。

 

去勢するとおとなしくなるとも言われているようですが、うちのは全然かわりません。

 

まぁ、未だ1歳にも満たない訳ですからね。

 

今日現在は、こんな事になってます。

きっと、買い物に連れて行って欲しいのだと思うんですが...。

 

無理ですね........。