shigelog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shigelog

41歳でドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト向けの記事も書きます。

shigelog

41歳でドラムドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト記事も書きます

ドラム組み立て・・・②

ドラム

一昨日の夜はここまででした。

 

 

翌日、午前中の仕事を早く終わらせて少しでも早く残りの組み立てを・・・と思ったのですが、銀行に行ったり支払いに行ったり、またまた支払いに行った先の社長さまに捕まってしまい、「お茶でも飲んで行って~」と・・・。

 

「いゃ、電子ドラム組まないとならないので・・・」

 

などと断れる筈もなく、

 

結局午前中イッパイ捕まってしまいました。

 

昼過ぎにようやく自宅に戻り、午後の作業開始までの約3時間が勝負!!

 

なので、途中経過の画像・・・かなり飛んでます(というか端折ってます)。

 

まぁ、このブログを参考にされる方など居ないと想いつつ、話を進めます。

 

 

 

 

フレームは組み上がったので、パッド類を取り付けて行きます。

 

まずはシンバル。

 

(場所的にシンバルは一番最後だな~と思い、1個だけ付けてタムとハイハットバスドラムを組むことに)。

 

パッドは入っている箱を開梱します。

 

ハッドだけでもこれだけあります。

 

 

このパッドはPDX-125なのですが、本来であればこのキットではスネアとして利用するものですが、カスタマイズのメインでPDX-128という上位グレードの一回り大きいスネアを注文したので、こちらはフロアタムとして使用します。

 

 

 

すみません、ここからかなり端折ります。

 

左側がハイハットのペダル。中央と右がバスドラのツインペダル

 

RolandのTD-30。

 

電子ドラムの頭脳。

因みに、これだけでお値段20万円也。

 

 

もう時間がなかったので、途中で写真を撮る暇がありませんでした。

完成で~す。

とは言え、組み上げただけでセッティングはこれからです。

 

ちょっと叩いてみましたが、叩きにくい・・・。

 

叩きやすいように、時間をかけてセッティングしなければなりません。

 

因みに、パッドの配線類の結束も未だです。これをやっておかないと、後で大変な事にもなり兼ねません。

 

 

開梱している最中は気が付かなかったのですが、セット販売であったはずのSONYのヘッドフォンが同梱されていない事に気づき、慌ててフレンズさんにメールしました。

 

1時間後に 「申し訳ございません、すぐに発送します」

 

という返信。

 

ホッとしました。週末はiphoneに同梱されているイヤホンに標準プラグを付けて急場を凌ぎます。