shigelog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shigelog

41歳でドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト向けの記事も書きます。

shigelog

41歳でドラムドラムを始めた勘違いオヤジの日記です。気が向けばアフィリエイト記事も書きます

ドラムを始めたい症候群を発症させたきっかけ

ドラム

みなさま、記事を見る前に少しでもいいのでこの動画を御覧ください。

 


K-ON!! 】 けいおん!! GO! GO! MANIAC (Full) 叩いてみた Drum cover ...

 

 彼女の名前は 川口千里 さん。

 

当時は未だ中学2年生でありながら、プロのドラマーなのであります。

 

この動画を見れば一目瞭然ですよね。

 

youtubeの再生回数はこのブログを書いている時点で、5,560,000回でした。

 

恐らくわたくし、既に100回以上再生しています・・・・笑。

 

世界的なドラムサイト「ドラマーワールド」において、世界のトップドラマー500人に選ばれるなど、まさに世界が認めたその筋では超有名なドラマーなのです。

 

この動画に出会ったのは2年ほど前、暇つぶしにyoutubeを散策していた時のこと。

ドラム関連の動画が見たいな~と思って検索していたら、たまたま候補に上がって来たので再生してみると・・・・すごい衝撃に駆られました。動画を見ても分かる通り、制服を来ている(当時は)中学生です。この正確なショット、リズム感、安定した演奏などなど、素人が見ても度肝を抜かれてしまいました。

 

実は彼女、最近ではテレビでもよく紹介されているのです!。

 

動画撮影当時は中学生ですが、現在は大学生となってプロドラマーとして活動している彼女は、大物アーティストと共演したり、"E-girls" のバックバンドのドラマーとして活躍しています。

 

youtubeを再生していると、女性ドラマーの姿を度々目撃するようになりました。

 

川口千里さんに影響されて初められた方も結構多いのかと・・・。

 

 

そして、ドラムを始めたいきっかけとなったもう一つの理由。

 

私、個人事業を営んでいるのですが、とある経営者さんが集まる会での事、

 

市内で大きいホテルを経営なさっている社長さんがその会を仕切っており、私の隣に居た車屋さんの専務さんに質問した時のこと。

 

「〇〇専務って、趣味は何?」

 

それに対して、その専務は

 

クレー射撃をやってますね!」

 

「え~~~~~っ!!凄い!!」

 

周りも私もびっくりでした。

 

そこから数十分間、オリンピック正式種目でもあり知っているようで知らないクレー射撃について、その専務さんは経営者の皆さんからの質問攻めに遭ってました。

 

私も興味深々にお話を伺ってました。

 

すると・・・

 

「〇〇さん(自分)は?なんか趣味あるの?」

 

「えっ、私ですか・・・・・?」

 

まさか自分に回ってくるとは。

 

「え~と、クルマとかカメラとか・・・・」

 

「へぇ~・・・・・・・・」。

 

周りが一瞬凍りついたかのような反応。

 

ちょっとKY発言だったかな?と。

 

いやいや、自分自身はカメラにしてもクルマにしても立派な趣味だと思いますし、この手のジャンルを趣味としている方も大勢居るわけですが、何分自分は何をやるにしても中途半端。それが自然と伝わっていたのか、周りからはフツーの反応が返って来たのでしょうね。

 

私の心の声「あぁ~ドラム始めておけばよかったなぁ~」 と。

 

別にクレー射撃に対抗するつもりではないのですが、なんか自分の趣味一つでその人の人間としての価値を決められたかのようで、非常に悔しい思いをしました。

 

趣味って、自分が思うには現実逃避が出来るくらい没頭できるものだと思うんですよ。だから、それがクルマであろうとカメラ(写真)であろうと、決して人に対して引け目を感じる必要は全くないのですが、要は自分が他人に対して自分の趣味を熱く語れるほどその趣味に没頭しきれていない・・・という事なのでしょう。

 

なので、今の私にはドラムしかないのだと思います。

 

結構な大金を叩いての購入となるので今まで躊躇はしてきましたが、やるなら「今でしょ!!」と気持ちの整理がつきました。初期投資は高いですが、一度買えば一生ものです!

 

そして、現在40歳過ぎのおやじは、この動画と上記理由に影響されて来月ドラムを買うことになります。

 

 でもこれは、他人に対して自慢したいとかそんな安易な理由からでは無いことだけは言っておきます!。

 

小学校からの夢を叶えます!!。

 

 

※記事の内容が一部間違っていたとのご指摘を頂き、修正させて頂きました。

お詫び申し上げます。